こうしんが1からコツコツ積み上げて、目標に向かってお小遣いを貯める軌跡を書いていくブログです

- コメント

アクセスアップは絶対条件だけど・・・?

アフェリエイト成功の絶対条件はただ一つ

「見てもらわなければ絶対に成功しない」

これは絶対条件です。

だからこそSEOというものがアフェリエイターの重要課題になっているのでしょう。


なにわともあれ「アクセスアップ」。

どんなにいいサイトを作ろうが、悪いサイトを作ろうが誰も見なかったら同じです。

くやしくても同じなのです。

しかしここで重要なのが、見てもらった時は違います。

悪いサイトは見てもらったとしても成功しません。いいサイトは見てさえもらえれば成功します。

この違いは歴然です。

絶対条件ではあるけれども、見てもらう事だけを意識して先走っても本当の成功には結び付きません。

アフェリエイターを真剣に目指す方であればかなりのサイトを参考にするはずです。

そして、ある程度知識を得ると出来そこないのサイトなのにアクセス数が多いサイトがある!と思う事があるはずです。

私はこう思えるのなら、その運営者に不満を持つのではなく、「チャンス」と思う方がいいと思います。

今の現状ではまだこういうサイトでも稼ぐことが出来るレベルなのだから、自分も努力したら出来るのではと。

しかし、そこで大切な事はなんでその方は出来そこないのサイトでもアクセスを集められるという事も考えましょう。

同じ様な手法で行いなおかつ、そのサイトより出来がいいサイトを作る事が出来れば軌道に乗った時によりアクセスを集める可能性は高いはずです。

ただ、アクセスアップにはSEOしかり、ブログならコメント、トラックバックなど様々な方法があります。

邪道な方法は論外として、正攻法でも本当に様々な方法があります。

いいサイトを作っても見てもらなければ意味がないし、見てもらってもサイト作成に手を抜いていたらいずれ返ってきます。

どちらを優先するかはその人の感性です。

ただ何度も言いますが、

アクセスが無い=収入が無い

のは確実です。

さてここからが本題。

これをチャンスと取れないか?私はそう思っています。

アクセスが無ければ収入が発生しないのは誰もが分かっています。

だからこそ、モチベーションが下がり辞めていく人が多いのです。

そしてもう一つ。

楽して稼ごうと思っている人も大半だと思います。

タダより高いものは無い。本来は違った意味のはずですが、あえて使わせていただきます。

無料で気楽に始められる=楽できる

というのが頭にあるかないかが成功者と失敗者の分かれ道であるのでは無いかと考えます。

楽して稼ごうと思って成功してしまっている人が雑なサイトを作る可能性は高いはずです。

見たらすぐに利益を取ろうとみえみえのサイトがありますね。嫌悪感を持つ方もいるはずです。

そういう方はいいサイトを作れるはずです。その瞬間に何が悪いか見抜いているのですから。

だから、無料なので気楽に出来るというノーリスクだけを考えてはだめです。

確実に失われる時間だけでもリスクです。

最悪この時間短縮の為に邪道に走る人もいます。雑なサイトでアクセス数を稼いでいる人の中にはこういう方もいるかもしれません。

ただこのブログを見に来てくれた方はこういった方法を取って欲しくはありません。

私が言う邪道とは、あくまで「人をだます」等の行為の事です。

逆に成功法でも時間短縮は出来るはずです。お金をかけてアクセス数を増やす事も出来ます。

良く見る「コンテンツマッチ」もアクセスアップの方法です。お金をかけて見てもらうのです。

ただ気軽に始めようと思った方がお金をかけてアクセス数を増やすのには勇気が必要ですね。

しかしそれ以前の問題と言う事もあります。

まだ初心者の方は気をつけなければいけない事。

「あなたのサイトはお金をかけて見てもらい、それ以上の収入を得られる自身がありますか?」

という事を忘れないで下さい。

アクセスを必死で増やしても、そのサイトが出来が悪いと収入は得られません。

ちなみに私が信じている手法はいいサイトを作ってアクセスは後で考えればいいという方法です。

収入を得ても恥ずかしくないサイトを作り、完成したら見てもらいたい。そんな気持ちで進んでいます。

もちろん収入はどんどん先になります。

だけど、これを逆にしてしまったら本末転倒の様な気がします。

そうです、嫌悪感を抱いたサイトと同じサイトになる可能性がありますね。

アクセスアップを努力するのは発売日でいい。商品も出来ていないのに発売時期を考えても仕方がない。

これが私の考え方です。

私は出来そこないのサイトを見てもらっても逆に恥ずかしいと思ってしまい、正直収入を貰ってもいいだけの技量が今の自分には無いと思っています。

ですから日々成長する事が今は何よりも大切だと信じています。

なんのお役にも立てない情報ですが、少しでも参考になれば幸いです。

ではまた

 


関連記事